Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤穂義士祭 2019 日程・駐車場・アクセス・交通規制や見どころをご紹介。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫県赤穂市で毎年、赤穂義士たちが討ち入りを果たした12月14日に、赤穂市最大のイベントとして赤穂義士祭が開催されます。

今年でなんと116回目の開催となり、当日は、パレードや行列を中心に様々なイベントが開催され、今年はスペシャルゲストを招いてのお祭りとなり盛大に開催されます。

また、衣装では、袖口のダンダラ羽織の一部は新撰組に大きく影響を与え、衣装の袖口にも採用されるほど、影響を与えていました。

そんな、新撰組にも希望を与え、赤穂事件から300年近くたったのにもかかわらず未だに人気が絶えない赤穂義士祭の日程・駐車場・アクセス・交通規制や見どころをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

赤穂義士祭とは?

引用:https://www.kobe-np.co.jp

赤穂義士祭日程・時間・開催場所・問い合わせ・公式HP

問い合わせ・公式HP

お問い合わせ

忠臣蔵ウイーク実行委員会事務局

TEL:0791-42-2133

公式HP https://all-ako.com/gishi_festival/

日程・時間

日程

開始時間

イベント内容 開催場所
12/14 10:00 金管バンドパレード 赤穂城跡、お城通り、いきつぎ広場周辺など
10:20 こども屋台
10:25 協賛パレード
10:55 甲冑隊パレード
11:00 元禄義士おどり
11:10 赤穂おどり
11:20 でえしょん
11:30 南京玉すだれ
11:40 大名行列
12:20 東映剣会
12:35 義士娘人力道中
12:40 子ども大名行列
12:55 子ども義士行列
13:10 義士伝行列
13:20 忠臣蔵名場面の山車
13:30 義士行列

赤穂義士祭の見どころ

東映剣会

迫力ある殺陣(たて)を見ることができます。

引用:http://www.city.ako.lg.jp/kensetsu/

義士娘人力道中

数名の応募から厳選され、第35代赤穂義士娘に選ばれたお二人が色艶やかなお姫様衣装を身にまとい赤穂義士娘姿でお披露目される。

引用:http://www.ako-minpo.jp/

大名行列

引用:https://all-ako.com/gishi_festival/

当時の赤穂藩主の参勤交代を偲ばせる、

義士伝行列

歌舞伎や文楽、講談などに登場する忠臣蔵ゆかりの人物などに扮してパレードコースを練り歩き、ゲストも参戦いたします。

2019年の大石内蔵助役(ゲスト)

引用:https://all-ako.com/gishi_festival/

義士行列ではゲストの「高橋英樹」さんが大石内蔵助役として特別出演され、会場は一番の盛り上がりをみせます。

 

義士伝行列 パレードコース

 

引用:https://all-ako.com/gishi_festival/

 

スポンサーリンク

 

SNSでの評判は?

 

屋台の出る日程・場所・種類

お祭りの楽しみの1つと言えば
屋台は欠かせませんよね。

詳しい屋台情報などは確認できませんでしたが、「にぎわいゾーン」にて屋台や露店はいくつか出るようです。

出店・露店風景

 

アクセス

電車のアクセス

大阪→新快速→播州赤穂 約1時間36分
三宮→新快速→播州赤穂 約1時間15分

車のアクセス

大阪方面 吹田IC→中国~山陽自動車道→赤穂IC 約1時間40分
神戸方面 京橋IC→阪神高速~姫路バイパス→赤穂 約1時間30分

駐車場情報

大規模な臨時駐車場が一箇所あります。

無料駐車場

番号

駐車場名 駐車台数 補足

千種川河川敷駐車場 2200

赤穂大橋 ⇒ 花岳寺:約900m・12分

赤穂大橋 ⇒ 赤穂城跡大門:約550m・7分

交通規制について

規制時間

・09:00~17:30(車両通行止め)

規制場所

赤穂城跡大手門周辺
お城通り周辺
駅前通り周辺

規制時間

・09:00~16:00(車両通行止め)

規制場所

千鳥線

規制時間

・09:00~15:00(車両、歩行者通行止め)

規制場所

大手門付近

 

スポンサーリンク

 

まとめ

116回も続く大きなお祭りで、毎年ゲストを招く大きなお祭りとなっています。

是非、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする